• ホーム
  • EDは原因に合った治療法をするしかない

EDは原因に合った治療法をするしかない

買い物をするカップル

EDになってしまった場合には改善を目指してさまざまな治療を検討していくことになりますが、そこで最も重要なこととなるのが「原因に合った治療法を選ぶ」ということです。
まずEDというのは肉体に原因がある器質性と、精神に原因がある心因性に大別することが出来ます。
器質性EDとしては高血圧や糖尿病といった病気、心因性EDとしてはうつ病などの精神疾患からストレス、プレッシャーといった要素までさまざまなことが根本的な原因として扱われるわけですが、ED治療においてはこういった原因を排除することを目標とする必要があるのです。
ではそれぞれの原因を排除する治療としてはどういったことが挙げられるのかについてですが、器質性の場合はその原因となっている異常を取り除く治療となります。
高血圧であれば食事療法や運動、糖尿病であればインスリン注射による血糖値のコントロールといった具合です。
こうした治療はEDの専門クリニックだけでは難しいことも多いですから、そうした兆候があると指摘された場合には循環器科などの専門医も併せて受診することが求めらます。
次に心因性の場合ですが、これはまずカウンセリングなどを通じてその精神的なストレス、プレッシャーには何があるのかを探ることが必要です。
もし仕事が忙しくて休みを取れていないということであれば生活スタイルを変えることが必要になり、またうつ病を抱えているのであれば抗うつ剤などを使った治療が行われることになります。
その他女性関係でのトラウマがあるなどの場合には精神医学としての治療が施されることになるでしょう。
ED治療薬などを飲めば一時的な改善を見込むことはできますが、それはあくまでも一時的なものでしかありません。
本当にEDを治療したいということであれば原因の排除をしなくてはなりませんから、必ず原因に合わせた治療をするようにしましょう。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧