• ホーム
  • 速攻で治療したいEDとコレステロール

速攻で治療したいEDとコレステロール

勃起不全は、年齢を問わず、多くの男性の悩みの種です。
最近は、EDと呼ばれることが多くなっている勃起不全ですが、速攻で治療したいと思っても、治るまでに時間がかかるケースも多いです。
勃起不全の原因は、人によって様々で、治療方法も症状によって異なります。
中高年になると、運動不足や食べ過ぎにより、メタボリックシンドロームに悩む人が増えます。
肥満は、放置していると男性ホルモンが低下するリスクが高くなります。
勃起不全は、血管の障害によって起こります。
血管の障害によって血管が硬くなり、血液が十分に陰茎に流れなくなると、勃起しにくくなります。
動脈硬化も勃起不全の原因のひとつです。
メタボリックシンドロームは、脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患を招く危険があるので、注意が必要です。
メタボリックシンドローム防止のためには、内臓脂肪を蓄積しないように食生活を見直す必要があります。
肥満の原因となる過剰なエネルギーの摂取を見直すことが大事です。
エネルギー摂取量を制限することで、総コレステロール値や中性脂肪値を低くすることが可能です。
肉類を減らして、魚に多く含まれる不飽和脂肪酸と摂取すると、動脈硬化疾患の予防になると考えられています。
大豆タンパクには、悪玉コレステロール値を下げて善玉コレステロール値を上げる働きがあるため、動脈硬化疾患の防止効果が期待できます。
現在では、優れた勃起不全の治療薬が大手製薬メーカーから販売されています。
PDE5阻害薬と呼ばれる治療薬は、日本では3種類販売されています。
PDE5阻害薬による治療を受ける場合、併用できない薬があります。
持病があり、他の治療薬を使っている人は、医師に相談してから治療を始めた方が安心です。

関連記事